TABETE
#
TABETE OFFICIAL BASE
#

アプリをダウンロードすれば、
TABETEがもっと身近になります。

2021.03.18

実証実験で東京駅の約4.3トンのフードロス削減に成功したため  史上初 駅において“施設従業員向け”フードシェアリングサービス「TABETEレスキューデリ」本格運用開始!

フードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」を運営する株式会社コークッキング(代表取締役社長:川越 一磨、以下「コークッキング」)は、JR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田 裕、以下「JR東日本スタートアップ」)と、株式会社鉄道会館(代表取締役社長:平野 邦彦、以下「鉄道会館」)と共に、エキナカでのフードロス削減を目的に“施設従業員向け”フードシェアリングサービス「TABETE レスキューデリ」の実証実験を3回重ねて参りましたが、2021年3月23日より本格運用を開始いたします。


過去3回の実証実験では、JR東京駅構内のエキナカ商業施設「グランスタ東京」を中心に、計177日間で約4.3トンのフードロス削減に成功。導入いただいた店舗様からは、「廃棄処理代を大幅にコスト削減できた」「分別して廃棄する手間が減った」など、導入店舗側のメリットも確認することができました。この度東京駅での本格運用にあたり、参画店舗を拡大し、毎日営業時間後に販売を行います。


【TABETEレスキューデリ概要】
営業時間:エキナカ店舗の営業終了後
実施場所:JR東京駅 指定の従業員休憩室
対象者:東京駅構内で働く商業施設、駅施設などの従業員 約8,400名
参画店舗:
<グランスタ東京>BURDIGALA TOKYO、笹八、ブランジェ浅野屋、デイジイ東京、てとて、豆狸、ヒトツブ カンロ、カファレル

<JR東日本グループ参画施設・店舗>
エキュート東京(串くら京都・御池、平田牧場)、ほんのり屋東京本店

くわしくはプレスリリースをご覧ください